×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍

エクセル(Excel)基本操作-データメニュ-

エクセルのデータメニューのメニューコマンドの内容(メニューコマンドとはメニュー名をクリックした時にドロップダウン表示されるメニューの事)
メニューコマンド名にリンクが設定されいてる場合は詳しい使用方法/説明を見ることが出来ます。
データ(D)
・データの並べ替えや集計、フィルタ、外部データの取り込み、ピボットテーブルウィザードなど

メニューコマンド名 コマンドの内容
並べ替え セルに入力されているデータをアルファベット順などに並べ替えます。オプションの[並べ替え順序の指定]で標準を選択し実行した場合は50音順、アルファベット順で並べ替えが実行されます。その他に曜日順なども選択できます。

フィルタ オートフィルタの実行、フィルタオプションの設定を行えます。フィルタを使用すると検索条件に一致した特定の行のデータのみが抽出されます。ドロップダウンリストが表示されるので目的のリストをクリックする事で抽出できます。

フォーム データフォームを使って簡単にレコードの追加、削除、変更が行えます。この機能を使用するには各列の先頭に列見出しを設定しておかなければなりません。

集計 集計機能を使用します。リストの小計、総計が簡単に行えます。

入力規則 入力規則を設定します。値を設定できます。例えば、[入力値の種類]で整数を指定した場合、そのセルには整数のみ入力できます。整数を指定した場合は入力できる[最小値][最大値]を設定します。

テーブル データテーブルを使用します。最適化分析ツールの一つで数式にさまざまな値を代入して、その計算結果を比較/確認する事が出来ます。

区切り位置 区切り位置を指定し、一つのセルに入力されているデータを別々のセルに分ける事が出来ます。区切った後のデータ形式も指定できます。

統合 データを統合します。集計方法にはデータの個数、平均、合計などを指定できます。

グループと
アウトラインの設定
アウトラインを設定します。行や列をグループ化しアウトラインを作成する事により、グループ化した行や列の表示/非表示を1クリックで操作できるようになります。

ピボットテーブルと
ピボットグラフレポート
ピボットテーブル、ピボットグラフレポートが作成できます。複数の元データ(外部データソースやエクセルのリスト/データデースなど)を使用して作成できます。

外部データの
取り込み
Webサイトやファイルのデータをワークシートに取り込むことが出来ます。

データの更新 取り込んだデータを更新する事が出来ます。更新する場合はデータを取り込んだセルのいづれかを選択し、[データの更新]をクリックします。Webから外部データの取り込みを行い、そのデータを更新する場合は、インターネットへ接続されていないと更新されません。


エクセルメニュー
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 挿入(I) 書式(O) ツール(T)
データ(D) ウィンドウ(W) ヘルプ(H)

エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved