×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍

エクセル(Excel) 集計機能の使い方

集計
コマンドの場所 [データ]>[集計]
集計機能を使えば、簡単に月ごとの売り上げなどの合計、総計を計算することが可能です。
まず、以下のように表を作成してみて下さい。
売り上げ
1月 200000
  30000
2月 300000
  20000
3月 100000
  10000
  20000
4月 10000
  10000

表が作成できたら、リストの 月 が入力されているセルを選択し[データ]>[集計]をクリックします。
[集計]をクリックすると「集計の設定」ダイアログボックスが表示されるので
[グループの基準]に 月 を選択し、[集計の方法]に 合計 を選択、[集計するフィールド]は 売り上げにチェックを入れます。
後は、[集計行をデータの下に挿入する]のみをチェックします。そうすると以下の様に出力されます。
月ごとの売り上げ合計と売り上げの総計が表示されます。
売り上げ
1月 200000
  30000
1月 合計 230000
2月 300000
  20000
2月 合計 320000
3月 100000
  10000
  20000
3月 合計 130000
4月 10000
  10000
4月 合計 20000
総計 700000

合計,集計をする時に使うワークシート関数としてはSUBTOTAL関数SUMIF関数SUM関数などがあります。

エクセルメニュー
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 挿入(I) 書式(O) ツール(T)
データ(D) ウィンドウ(W) ヘルプ(H)
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved