×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門
Excel学習・入門サイト
初心者のエクセルマクロ(Excel Macro)学習・入門
エクセルマクロの作成方法やマクロの実行方法(VBA)
エクセルマクロ:作業の自動化を実現できるエクセルマクロ機能
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
エクセルマクロ(VBA)−エクセルマクロ(VBA)自動記録

エクセルマクロ(VBA)自動記録


エクセルマクロ自動記録/作成

エクセルマクロを自動記録を行うには、[ツール]-[マクロ]-[新しいマクロの記録]を選択し、記録したいエクセル操作を実行していきます。また、ツールバーのマクロの記録ボタンをクリックすることで実行することもできます。

マクロの実行とマクロの記録ツールバー
マクロツールバー


マクロの記録方法
まず、以下の図のように、[ツール]-[マクロ]-[新しいマクロの記録]を選択します。
選択すると[マクロの記録]ダイアログボックスが表示されます。

新しいマクロの記録

[マクロの記録]ダイアログボックスが表示されるので、マクロ名、ショートカットキー、マクロの保存先を指定してOKボタンをクリックします。

マクロの記録ダイアログボックス
マクロ名 マクロに名前を付けます。
ショートカットキー マクロを実行する為のショートカットキーを設定します。
ショートカットキー設定は省略出来ます。
マクロの保存先 [個人用マクロブック] [新しいブック] [作業中のブック]の中からいづれかを選択します。
[個人用マクロブック]を保存先に指定した場合はExcel実行中は常に作成したマクロが使用できます。
[新しいブック]又は[作業中のブック]を指定した場合は、保存先に指定したブックで作成したマクロを使用できます。

マクロの記録ダイアログボックス マクロの記録終了ボタン

OKボタンのクリック後からマクロの記録がスタートするので、マクロに記録したいエクセル操作を行ってください。
マクロの記録を終了したい場合は、マクロの記録終了ボタンマクロの記録終了ボタンを押すか、[ツール]-[マクロ]-[記録終了]を選択してマクロの記録を終了させます。

エクセル(Excel)マクロメニュー
マクロの自動記録
マクロの自動記録/自動作成方法を掲載
マクロの実行と中止方法
作成したマクロの実行方法と実行中止方法
マクロ実行ボタン作成
作成したマクロを実行させる為のボタンの作成方法
マクロの編集/削除方法
作成したマクロの編集方法と削除方法




エクセル(Excel)メニュー
ファイル(F)
数式の計算結果の貼り付け方法エクセルファイルの保存、新規作成、印刷、ファイルの開閉などのファイル操作
編集(E)
数式の計算結果の貼り付け方法入力データの切り取り/貼り付け、
コピー、置き換え、削除などのデータの編集
表示(V)
数式の計算結果の貼り付け方法ツールバー、数式バーなどの表示/非表示設定やワークシートやグラフシートの拡大/縮小操作
挿入(I)
数式の計算結果の貼り付け方法行/列、セル、関数、グラフ/図表などの挿入操作
書式(O)
数式の計算結果の貼り付け方法セルの書式設定、行の高さ、列の幅、シート名/見出しの色、条件付書式、スタイルの設定など
ツール(T)
数式の計算結果の貼り付け方法スペル/エラーチェック、ブックの保護と共有、マクロの記録と実行、ワークシート分析など
データ(D)
数式の計算結果の貼り付け方法データの並べ替えや集計、フィルタ、外部データの取り込み、ピボットテーブルウィザードなど
ウィンドウ(W)
数式の計算結果の貼り付け方法ウィンドウの表示/非表示、ウインドウ枠の分割/解除/固定などのウィンドウ操作
ヘルプ(H)
数式の計算結果の貼り付け方法Microsoft Excelヘルプ、アプリケーションの自動修復、バージョン情報の表示など
エクセルショートカットキー エクセルの計算演算子 エクセルの基本画面
ショートカットキー
エクセルのショートカットキー
の紹介
計算演算子
計算演算子の説明・使い方
算術演算子 比較演算子
文字列演算子 参照演算子
エクセルの基本画面
各部の名称、機能や操作方法

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved