×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 外部データの取り込み方法
エクセル(EXCEL)の各操作、設定方法を目的別に表示 操作方法や設定方法を調べられます。
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
目的から検索-外部データの取り込み方法

外部データの取り込み方法

このページでは外部データをエクセルに取り込む方法を解説しています。
外部データの取り込みを実行したい場合はエクセルメニューの[データ]-[外部データの取り込み]を選択し、[データの取り込み]をクリックします。

外部データの取り込み

データファイルの選択ダイアログボックスが表示されるので取り込みたいデータファイルを選択します。

データファイルの選択

データファイルを選択すると以下のウィザード画面が表示されるので、[データのファイル形式]を選んで次へボタンまたは完了ボタンを押します。(ここではテキストファイルウィザードを表示していますが、選択したデータファイルの種類により表示されるダイアログボックスや外部データの取り込み手順が異なります)

テキストファイルウィザード

完了ボタンを押した場合、データの取り込み先を指定するためのダイアログボックスが表示されるのでワークシートのセルを選択しOKボタンを押せば、外部データの取り込みは完了です。
(上の図の場面で完了ボタンではなく次へを選択した場合はフィールドの区切り文字や区切った後の列のデータ形式などを設定する事が出来ます)

外部データの取り込み先

外部データの取り込み関連ページ
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved