×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 テンプレート作成と挿入方法
エクセル(EXCEL)の各操作、設定方法を目的別に表示 操作方法や設定方法を調べられます。
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
目的から検索-テンプレート作成と挿入方法

テンプレート作成と挿入方法

このページではテンプレート作成と挿入方法を解説しています。

テンプレートとは

テンプレートとはワークシートの雛形です。普段、頻繁に使う同一内容のワークシート(見出しや数式、書式設定などが入力されているシート)を作成しておく事で、また一から作成する手間が省けて、作業効率がアップします。

テンプレートの作成方法

テンプレートの作成方法は保存時に[名前を付けて保存]を選択し、[ファイルの種類]で「テンプレート(*.xlt)」を選択して保存すればテンプレートが作成されます。
ブックテンプレート、シートテンプレート共にこの手順で作成します。
例えば、シート一つだけのテンプレート作成したい場合は、ブックにあるシートを一つにしてテンプレートとして保存します。
複数のシートからなるブックテンプレートを作成したい場合は、必要な枚数分のシートを作成し、テンプレートとして保存します。

テンプレートの作成方法

作成したテンプレートを挿入したい時はシート見出し上で右クリックし、[挿入]を選択すれば挿入ダイアログボックスが表示されるので[標準]タブを選択し、挿入したいテンプレートをクリックします。

エクセルワークシート・ブック関連ページ
シートの名前や見出しの色を変更したい ワークシートの印刷範囲を設定したい
ワークシートの複製・削除・挿入方法 シートの表示方法を変更したい
ワークシートやブックを保護したい 水平/垂直スクロールバーを非表示にしたい
ワークシートを印刷したい シートの再計算を行いたい
*ワークシートとブックの仕様
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved