×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル質問/解決掲示板
初心者のエクセル(Excel)学習・入門エクセル関数の使い方財務関数−RATE関数とは

RATE関数

関数の種類 財務関数
書式 RATE(期間,定期支払額,現在価値,将来価値,支払期日,推定値)

RATE関数の使い方

RATE関数は利率を求める関数です。
例えば、積立期間を2年とし、月々20000円の積立をして満期に積立額が300000円に到達する為に必要な利率を求めることができます。
RATE関数の計算には反復計算が使用され、反復計算を20回実行した時点で収束値が0.0000001以下にならない時は、エラーが返されます。

引数の指定方法
期間 投資期間全体での支払回数の合計を指定
投資期間が2年として月払いで返済する場合には数式12*2や24を指定します。
定期支払額 毎回の支払額を指定(省略可能)
定期支払額を省略した場合は将来価値を指定する必要があります。
現在価値 将来行われる一連の支払いを現時点で一括払いした場合の合計金額、または元金を指定
将来価値 最後の支払いを行った後に残る現金の収支を指定(省略可能)
将来価値を省略した場合は定期支払額を指定する必要があります。
支払期日 支払いがいつ行われるかを0または1で指定
0(省略) 各期の期末
1 各期の期首
推定値 利率の推定値を指定(省略可能)
省略した場合は10%が計算に使用されます。

B6に=RATE(B1*12,B2,B3,B4)を入力すると以下の表の結果となります。

B6の=RATE(B1*12,B2,B3,B4)では期間にB1*12を指定し、定期支払額にB2、
現在価値にB3、将来価値にB4(250000)、支払期日と推定値は省略しています。
積立期間を1年として毎月20000円ずつ積み立てした場合に将来価値(目標金額)250000円に到達する為に必要な月利1%がB7に返されます。(%は小数点以下を切り上げて表示)

A B
1 期間(年) 1
2 定期支払額 -20000
3 現在価値 0
4 将来価値 250000
5 支払期日 0 
6 推定値  
7   1%

RATE関数で年利を計算する

年利を計算する場合は上記の=RATE(B1*12,B2,B3,B4)に12を掛けて=RATE(B1*12,B2,B3,B4)*12とします。



財務関数
ACCRINT関数 ACCRINTM関数 AMORDEGRC関数 スポンサーリンク
AMORLINC関数 COUPDAYBS関数 COUPDAYS関数
COUPDAYSNC関数 COUPNCD関数 COUPNUM関数
COUPPCD関数 CUMIPMT関数 CUMPRINC関数
DB関数 DDB関数 DISC関数
DOLLARDE関数 DOLLARFR関数 DURATION関数
EFFECT関数 FV関数 FVSCHEDULE関数
INTRATE関数 IPMT関数 IRR関数
ISPMT関数 MDURATION関数 MIRR関数
NOMINAL関数 NPER関数 NPV関数
ODDFPRICE関数 ODDFYIELD関数 ODDLPRICE関数
ODDLYIELD関数 PMT関数 PPMT関数
PRICE関数 PRICEDISC関数 PRICEMAT関数 PV関数 RATE関数 RECEIVED関数
SLN関数 SYD関数 TBILLEQ関数 TBILLPRICE関数 TBILLYIELD関数 VDB関数
XIRR関数 XNPV関数 YIELD関数 YIELDDISC関数 YIELDMAT関数
財務(ファイナンシャル)関数
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。
Copy right(c) 2006-2014 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved