×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 参照元や参照先の確認方法
エクセル(EXCEL)の各操作、設定方法を目的別に表示 操作方法や設定方法を調べられます。
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
目的から検索-参照元や参照先の確認方法

参照元や参照先の確認方法

このページでは参照元や参照先の確認方法を解説しています。

参照元セルや参照先セルの確認にはツールバーの[参照元のトレース]、[参照先のトレース]ボタンを使用すると矢印などが表示され、視覚的に確認できるので便利です。また、エクセルメニューの[ツール]-[ワークシート分析]-[参照元のトレース]、[参照先のトレース]を選択しても同じ操作が行えます。

参照元・参照先トレース

参照元や参照先のトレースを表示

参照元セルや参照先セルを調べたいセルを選択して、[参照元のトレース]ボタン、[参照先のトレース]ボタンをクリックすればトレース矢印が表示されます。
(セルにエラー値が含まれる場合は赤い矢印が表示されます)

以下の図はB9セルを選択し、[参照元のトレース]ボタンをクリックして参照元トレース矢印を表示している場面です。

参照元トレース矢印


その他のエクセル(Excel)操作
昇順または降順に並べ替えたい スペルチェックを行いたい
コメントを挿入したい 配列数式を入力したい
数式エラーチェックを行いたい
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved