×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 数式エラーチェック方法
エクセル(EXCEL)の各操作、設定方法を目的別に表示 操作方法や設定方法を調べられます。
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
目的から検索-数式エラーチェック方法

数式エラーチェック方法

このページでは数式エラーチェック方法を解説しています。

数式エラーチェックを行うには[ツール]-[エラーチェック]を選択するか、ツールバーのエラーチェックボタンをクリックします。
作業中のワークシート内にエラーがある場合はエラーとなる数式が入力されているセルが選択され、エラーチェックダイアログボックスが表示されます。

編集する場合は[数式バーの編集]ボタンをクリックすれば数式バーから編集できます。
編集する必要がない場合は[エラーを無視する]または[次へ]ボタンをクリックします。

[エラーを無視する]をクリックした場合、エラー表示(セル左上隅の緑三角)が消えて次回のエラーチェックからはエラーとして検出されなくなります。無視したエラーをリセットしたい時は[ツール]-[オプション]-「エラーチェック」タブを選択して、[無視したエラーのリセット]を選択します。

[次へ]ボタンをクリックした場合は、エラーがある次のセルへ移動します。他にエラーがない場合はエラーチェックは終了されます。

数式エラーチェック

エラーチェックの設定

エラーチェックの設定を行うには上記の図の[オプション]ボタンをクリックするか、[ツール]-[オプション]-「エラーチェック」タブを選択して設定します。
エラーチェックの設定では、例えば、「空白セルを参照する数式をエラーとしない」、などのエラーチェックルールの設定が行えます。


その他のエクセル(Excel)操作
参照元や参照先を確認したい スペルチェックを行いたい
コメントを挿入したい 配列数式を入力したい
昇順または降順に並べ替えたい
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved