×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 連続データの作成方法
エクセル(EXCEL)の各操作、設定方法を目的別に表示 操作方法や設定方法を調べられます。
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
目的から検索-連続データの作成方法

連続データの作成方法

このページでは連続データの作成方法を解説しています。
ここで説明する連続データとは日曜日、月曜日、火曜日、水曜日・・・など、繰り返して使用するデータ入力パターンの事を指しています。

例えば、日曜日から土曜日までの曜日を一列に入力したい時には、日曜日、月曜日、火曜日・・・と一つ一つキーボードを使用して入力していかなければなりませんが、連続データ(データ入力パターン)を作成しておけば、フィルハンドルを使って簡単にワークシートへ入力する事が可能になります。
尚、フィルハンドルで連続データを入力するには予め、ユーザー設定リストにリストが作成されていなければいけません。
ユーザー設定リストの作成方法にはついてはユーザー設定リストの追加と削除方法をご参照下さい。

・連続データの作成方法
ここでは曜日の連続データの作成方法を解説します。

まず、曜日が入力されたセルのフィルハンドル上にマウスを合わせます。フィルハンドル上にマウスを合わせるとマウスポインタは黒い十字型に変化します。
フィルハンドル-Excel

マウスポインタが黒い十字型に変化したら、マウスの左ボタンをクリックしたまま連続データを作成したい方向へマウスをドラッグさせます。G列までマウスをドラッグさせた場合は以下の図のようになります。
フィルハンドルを選択しドラッグ

G列までドラッグさせたときにマウスボタンを離す(ドロップ)と以下の図のように
日曜日から土曜日まで連続データが入力されます。
連続データの作成-Excel

コピー・貼り付け・切り取り操作
行や列のデータを一括コピー&貼り付けしたい 貼り付け形式を変更する方法
セルやセル範囲の値を移動させる方法 シートの移動やコピーをしたい
ユーザー設定リストの追加と削除方法 数式の計算結果の貼り付け方法
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved