×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル質問/解決掲示板
初心者のエクセル(Excel)学習・入門エクセル関数の使い方情報関数−ISODD関数とは

ISODD関数

関数の種類 情報関数
書式 ISODD(数値)

ISODD関数の使い方

ISODD関数は数値が奇数の時に論理値TRUEを返し、偶数の時に論理値FALSEを返します。
ISODD関数を使用するには分析ツールアドインをエクセルに組み込む必要があります。
数値に小数を含む数値を指定した場合、小数点以下は切り捨てられます。

引数の指定方法
数値 評価したい数値を指定

B1に=ISODD(A1) B2に=ISODD(A2) B3に=ISODD(A3)を入力すると以下の表の結果となります。

B1の=ISODD(A1)では参照しているA1セルの数値が奇数なのでB1に論理値TRUEが返されます。

B2の=ISODD(A2)では参照しているA2セルの数値が偶数なのでB2に論理値FALSEが返されます。

B3に=ISODD(A3)では参照しているA3セルが数値ではないため、エラー値#VALUE!が返されます。

A B
1 1 TRUE
2 2 FALSE
3 EXCEL #VALUE!

ISODD関数とは逆に奇数の時にFALSE、偶数の時にTRUEを返したい場合はISEVEN関数を使用します。
スポンサード リンク
CELL関数 COUNTBLANK関数 ERROR.TYPE関数
INFO関数 ISBLANK関数 ISERR関数
ISERROR関数 ISEVEN関数 ISLOGICAL関数
ISNA関数 ISNONTEXT関数 ISNUMBER関数
ISODD関数 ISREF関数 ISTEXT関数
N関数 NA関数 TYPE関数

エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。
Copyright(c) 2006-2013 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved