×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセル(Excel)初心者学習・入門 エクセル(EXCEL)初心者学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル&ワード掲示板
エクセル(Excel)初心者学習・入門エクセル関数の使い方検索/行列関数−ADDRESS関数

ADDRESS関数

関数の種類 検索/行列関数
書式 ADDRESS(行番号,列番号,参照の型,参照形式,シート名)

ADDRESS関数の使い方

ADDRESS関数は指定した行番号と列番号に対応するセルの参照を文字列で返します。
行番号、列番号に負の数、又は0を指定した場合エラー値#VALUE!が返されます。


引数の指定方法
行番号 行番号を数値又は、セル参照や数式で指定
列番号 列番号を数値又は、セル参照や数式で指定
参照の型 参照の型を1〜4の数値で指定(省略可能)
1(省略) 絶対参照
2 行は絶対参照となり、列は相対参照
3 行は相対参照となり、列は絶対参照
4 相対参照
参照形式 参照形式を論理値で指定
True(省略) A1形式
False R1C1形式
シート名 ワークシート名を文字列で指定(省略可能)
ダブルクォーテーション(")で囲む必要があります。
他ののエクセルブックとシートを指定する場合は
"[ブック名]シート名"というように指定します。

A1 =ADDRESS(7,7,1)
A2 =ADDRESS(7,7,2)
A3 =ADDRESS(7,7,3)
A4 =ADDRESS(7,7,4)
A5 =ADDRESS(7,7,,FALSE)
A6 =ADDRESS(7,7,,,"Excel2006")

A
1 $G$7 絶対参照を表す文字列を返します
2 G$7 行は絶対参照、列は相対参照  
3 $G7 行は相対参照、列は絶対参照
4 G7 相対参照を表す文字列を返します
5 R7C7 絶対参照でR1C1形式を表す文字列を返します。
6 Excel2006!$G$7 別のシートの絶対参照を表す文字列を返します。




検索・行列エクセル関数 スポンサーリンク
ADDRESS関数 AREAS関数 CHOOSE関数
COLUMN関数 COLUMNS関数 HLOOKUP関数
HYPERLINK関数 INDEX関数 INDIRECT関数
LOOKUP関数 MATCH関数 OFFSET関数
ROW関数 ROWS関数 RTD関数
TRANSPOSE関数 VLOOKUP関数

エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。


Copy right(c) 2006-2014 エクセル(Excel)初心者学習・入門 all right reserved