×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル質問/解決掲示板
初心者のエクセル(Excel)学習・入門エクセル関数の使い方検索/行列関数−ROW関数とは

ROW関数

関数の種類 検索/行列関数
書式 ROW(範囲)

ROW関数の使い方

ROW関数は引数に指定した範囲の行番号を返します。

引数の指定方法
範囲 行番号を調べたいセル範囲、またはセルを指定

A1に =ROW(A2) B1に =ROW()を入力すると以下の表の結果となります。
A1の=ROW(A2)ではA2の行番号を調べて、2を返します。
B1に=ROW()では範囲を省略しているのでROW関数を入力しているセルB1の行番号1を返します。

A B
1 2 1
2
3 3
4 4
5 5

ROW関数を配列として入力する

A1に ROW(B3:C5)を入力し、A1:A3を選択後、数式バーをクリックしてCtrl+Shiftを押しながらEnterをクリック(配列数式)すると以下の表の結果になります。
この場合、A1には範囲で指定されているセル範囲の1行目の行番号が返されA1に3が返されます。
A2には範囲で指定しているセル範囲の2行目の行番号、A3には範囲で指定しているセル範囲の3行目の行番号が返され、それぞれ、A2に4、A3に5を返します。

A B
1 3  
2 4  
3 5  

行番号ではなく列番号を求めたい場合はCOLUMN関数を使用します。



検索・行列エクセル関数 スポンサーリンク
ADDRESS関数 AREAS関数 CHOOSE関数
COLUMN関数 COLUMNS関数 HLOOKUP関数
HYPERLINK関数 INDEX関数 INDIRECT関数
LOOKUP関数 MATCH関数 OFFSET関数
ROW関数 ROWS関数 RTD関数
TRANSPOSE関数 VLOOKUP関数

エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。


Copy right(c) 2006-2014 エクセル(Excel)初心者学習・入門 all right reserved