×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル質問/解決掲示板
初心者のエクセル(Excel)学習・入門エクセル関数の使い方検索/行列関数−CHOOSE関数とは

CHOOSE関数

関数の種類 検索/行列関数
書式 CHOOSE(インデックス,値1,値2,....)

CHOOSE関数の使い方

CHOOSE関数は指定した引数リストから指定した値を抽出します。
インデックスで指定した数値、例えば1を指定すると値1が返され、2を指定すると値2が返されます。
インデックスで指定した引数にデータが入っていない場合、0が返されます。
インデックスに負の数及び0又は、引数リストの個数より大きい数値を指定した場合、エラー値#VALUE!が返されます。

引数の指定方法
インデックス 何番目の値を取り出すか数値やセル参照、数式で指定(1個から29個まで指定可能)
値1.... インデックスから選択される値、動作をセル参照や数値、名前などで指定
(1個から29個まで指定可能)

A6に =CHOOSE(3,A1,A2,A3,A4) を入力すると以下の表の結果となります。

A6の=CHOOSE(3,A1,A2,A3,A4)ではインデックスに3、にA1,A2,A3,A4を指定しています。
このとき、3番目のA3セルの値EXCEL2004が返されます。

A
1 EXCEL2002
2 EXCEL2003
3 EXCEL2004
4 EXCEL2005
5  
6 EXCEL2004


CHOOSE関数で特定の曜日の収支合計を計算し抽出

以下のではSUM関数CHOOSE関数を使用して月曜日の収支の合計をA7に返しています。
A7に =SUM(CHOOSE(1,A2:A5,B2:B5,C2:C5,D2:D5,E2:E5))を入力すると以下の表の結果となります。
=SUM(CHOOSE(1,A2:A5,B2:B5,C2:C5,D2:D5,E2:E5))ではCHOOSE関数によって引数リストの1番目の
A2:A5の値をSUM関数に返し、SUM関数はCHOOSE関数によって渡されたA2:A5の値の合計を計算します。

A B C D E
1 月曜日収支 火曜日収支 水曜日収支 木曜日収支 金曜日収支
2 2000 -500 100 1700 -500
3 1500 1500 3000 700 300
4 1550 1000 500 -200 600
5 800 600 1200 -1000 200
6          
7 5850 月曜日の合計収支      




検索・行列エクセル関数 スポンサーリンク
ADDRESS関数 AREAS関数 CHOOSE関数
COLUMN関数 COLUMNS関数 HLOOKUP関数
HYPERLINK関数 INDEX関数 INDIRECT関数
LOOKUP関数 MATCH関数 OFFSET関数
ROW関数 ROWS関数 RTD関数
TRANSPOSE関数 VLOOKUP関数

エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。


Copy right(c) 2006-2014 エクセル(Excel)初心者学習・入門 all right reserved