×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル質問/解決掲示板
初心者のエクセル(Excel)学習・入門エクセル関数の使い方数学/三角関数−COUNTIF関数とは

COUNTIF関数

関数の種類 数学/三角関数
書式 COUNTIF(範囲,検索条件)

COUNTIF関数の使い方

COUNTIF関数は検索条件を指定し、指定した検索条件に合うセルの個数を返します。

検索条件に文字列や式を指定する場合は""(ダブルクォーテーション)で囲む必要があります。

引数の指定方法
範囲 検索対象となるセル範囲を指定
検索条件 数値や文字列、式を指定

B1セルに=COUNTIF(A1:A2,10) D1セルに=COUNTIF(C1:C2,"黒字")を入力すると以下の表の結果となります。

B1セルの=COUNTIF(A1:A2,10)では範囲にA1:A2を指定し、
検索条件として"数値10が入力されいるセル"を指定しています。
A1セルには数値-10、A2セルには数値10が入力されいる事からB1セルに検索条件に
合うセルの個数 1 が返されます。

D1セルの=COUNTIF(C1:C2,"黒字")では範囲にC1:C2を指定し、
検索条件として"文字列「黒字」が入力されているセル"を指定しています。
C1セルには文字列「赤字」、C2セルに文字列「黒字」が入力されている事からD1セルに
検索条件に合うセルの個数 1 が返されます。

A B C D
1 -10 1 赤字 1
2  10   黒字  


数値のみをカウントしたい場合はCOUNT関数を使用します。
数値のほかに文字列、論理値、エラー値を含めたデータの個数をカウントしたい場合はCOUNTA関数を使用します。



数学・三角関数
ABS関数 ACOSH関数 ACOS関数 スポンサーリンク
ASINH関数 ASIN関数 ATAN2関数
ATANH関数 ATAN関数 CEILING関数
COMBIN関数 COSH関数 COS関数
COUNTIF関数 DEGREES関数 EVEN関数
EXP関数 FACTDOUBLE関数 FACT関数
FLOOR関数 GCD関数 INT関数
LN関数 LCM関数 LOG10関数
LOG関数 MDETERM関数 MINVERSE関数
MMULT関数 MOD関数 MROUND関数
MULTINOMIAL関数 ODD関数 PI関数
POWER関数 PRODUCT関数 QUOTIENT関数
RADIANS関数 RANDBETWEEN関数 RAND関数 ROMAN関数 ROUNDDOWN関数 ROUNDUP関数
ROUND関数 SERIESSUM関数 SIGN関数 SINH関数 SIN関数 SQRTPI関数
SQRT関数 SUBTOTAL関数 SUMIF関数 SUMPRODUCT関数 SUMSQ関数 SUMX2MY2関数
SUMX2PY2関数 SUMXMY2関数 SUM関数 TAN関数 TANH関数 TRUNC関数

エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006-2014 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved