×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 特定の値を全て削除する方法
エクセル(EXCEL)の各操作、設定方法を目的別に表示 操作方法や設定方法を調べられます。
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍
目的から検索-特定の値を全て削除する方法

特定の値を全て削除する方法

このページでは特定の値を全て削除する方法を解説しています。
特定の値を全て削除または一部削除したい場合にはメニューの[編集]-[置換]を利用します。

例えば、以下の図1のように複数のセルに入力されている文字列"エクセル"を一括削除したい場合は「検索する文字列」にエクセルと入力し、「置換後の文字列」は何も入力せずに空白とします。そして、すべて置換ボタンをクリックすすることで一括削除することができます。上記の手順で行った場合は文字列"エクセル"は全て削除され、図2のようにA2の値は2005、C2の値は2006となります。

全てを削除するのではなく、ある特定のセルに入力されている値を削除したい場合には、次を検索ボタンをクリックすると検索条件に合致するセルが一件ずつ選択されるので削除したいのであれば置換ボタンをクリックし、削除したいセルではない時は次を検索ボタンをクリックします。
図1
特定データの削除

図2 置換え実行後
データの削除/置換え実行後

検索条件にワイルドカードを使用する

上記の例では文字列"エクセル"のみを削除する方法を紹介しましたが、A2のエクセル2005やC2のエクセル2006などのように特定の文字列に番号やバージョン情報、商品番号などを付けるケースも多いと思います。
上記の図2でいうと、指定した文字列は削除できたものの、2005や2006は残ってしまいます。
そのようなケースで、ある特定の文字列と不特定の値を削除したい時にはワイルドカードが役立ちます。
例えば、上記の図2の2005、2006も削除したい場合には「検索する文字列」にエクセル*と指定します。
エクセル*の*(アスタリスク)は任意の数の文字を示しています。
任意の数の文字とは、例えば、2002や学習などです。
よって、エクセル*と指定してやれば、エクセル〜と入力されているセルを全て削除/置き換えすることが可能になります。


検索・置換え・変換関連ページ
特定の値を指定した値へ置換える方法 文字列や数値を検索する方法
特定の値を抽出/取り出したい T関数:引数を文字列に変換
検索/行列関数 VALUE関数:文字列を数値に変換
TEXT関数:数値を書式設定した文字列に変換 UPPER関数:英字をすべて大文字に変換
ASC関数:全角の英数カナ文字を半角文字に変換する(2バイト文字から1バイト文字へ変換)
CHAR関数:数値をASCIIまたはJISコード番号に対応する文字に変換
CODE関数:文字列の先頭文字をASCII またはJISコード番号に変換
CONCATENATE関数:文字列を結合して1つのセルに結合した文字列をまとめる事が出来ます
FIND関数:指定した文字列を他の文字列内から検索し検索文字列の位置を返す
FIXED関数:数値を指定した桁に四捨五入し、文字列に変換
JIS関数:文字列内の半角(1バイト)の英数カナ文字を全角(2バイト)の文字に変換
LOWER関数:文字列に含まれる英字をすべて小文字に変換
PROPER関数:英字の単語の先頭文字を大文字に、2文字目以降を小文字に変換
REPLACE関数:任意の開始位置から指定した文字数分を別の文字列に置き換え
SEARCH関数:指定した文字列をほかの文字列の中で検索し位置を返す
SUBSTITUTE関数:文字列中の指定された文字をほかの文字に置き換え
HLOOKUP関数:配列の上端行で特定の値を検索し、指定した行番号に対応するセルの値を返す
LOOKUP関数:1行または1列で構成されるセル範囲または配列を検索し、対応する値を返す
VLOOKUP関数:配列の左端列で特定の値を検索し、指定した列番号に対応するセルの値を返す
TRANSPOSE関数:配列で指定された範囲のデータの行列変換を行います



エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。

Copy right(c) 2006 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved