×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者のエクセル(Excel)学習・入門 初心者のエクセル(EXCEL)学習・入門
エクセル(Excel)基本操作関数の使い方エクセル(Excel)マクロ目的から探すエクセル(Excel)書籍エクセル質問/解決掲示板
初心者のエクセル(Excel)学習・入門エクセル関数の使い方統計関数−CORREL関数とは

CORREL関数

関数の種類 統計関数
書式 CORREL(配列1,配列2)

CORREL関数の使い方

CORREL関数は指定した二つの配列の相関係数を返す事で二つの配列の相関関係を調べる事ができます。

配列1、配列2のデータの個数が異なる場合は、エラー値が出力されます。
文字列、論理値、空白セルは無視され計算対象には含まれせん。

引数の指定方法
配列1 数値を含む名前、配列、セル範囲の参照を指定
配列2 もう一方のデータが入力されているセル範囲、数値を含む名前や配列を指定

C2セルに =CORREL(A2:A4,B2:B4)を入力すると以下の表の結果となります。

C2セルの=CORREL(A2:A4,B2:B4)では収益の行のA2:A4を参照し、B2:B4は来店者数を参照しています。
そして、CORREL関数によって収益と来店者数の相関関係を表す相関係数0.9958がC2セルに出力されます。
(小数点第四位まで表示)

A B C
1 収益 来店者数 相関係数
2 50000 120 0.9958
3 60000 130  
4 30000 90  


相関係数の見方

相関係数は1に近いほど正の相関(正相関)が強く、-1に近いほど負の相関(逆相関)が強いと見ます。
相関係数が0に近いほど相関関係は弱いと見ます。

統計関数:Statistics function
AVEDEV関数 AVERAGE関数 AVERAGEA関数 スポンサーリンク
BETADIST関数 BETAINV関数 BINOMDIST関数
CHIDIST関数 CHIINV関数 CHITEST関数
CONFIDENCE関数 CORREL関数 COUNT関数
COUNTA関数 COVAR関数 CRITBINOM関数
DEVSQ関数 EXPONDIST関数 FDIST関数
FINV関数 FISHER関数 FISHERINV関数
FORECAST関数 FREQUENCY関数 FTEST関数
GAMMADIST関数 GAMMAINV関数 GAMMALN関数
GEOMEAN関数 GROWTH関数 HARMEAN関数
HYPGEOMDIST関数 INTERCEPT関数 KURT関数
LARGE関数 LINEST関数 LOGEST関数
LOGINV関数 LOGNORMDIST関数 MAX関数 MAXA関数 MEDIAN関数 MIN関数
MINA関数 MODE関数 NEGBINOMDIST関数 NORMDIST関数 NORMINV関数 NORMSDIST関数
NORMSINV関数 PEARSON関数 PERCENTILE関数 PERCENTRANK関数 PERMUT関数 POISSON関数
PROB関数 QUARTILE関数 RANK関数 RSQ関数 SKEW関数 SLOPE関数
SMALL関数 STANDARDIZE関数 STDEV関数 STDEVA関数 STDEVP関数 TDIST関数
TINV関数 TREND関数 TRIMMEAN関数 TTEST関数 VAR関数 VARA関数
VARP関数 VARPA関数 WEIBULL関数 ZTEST関数 STDEVPA関数 STEYX関数
Excel(エクセル)統計関数:統計関数で求められる値 ・平均値・累積分布・最大値・最小値・中央値(メジアン)・正規分布・確立・序列・四分位数・最頻値・相関係数など
エクセル基本操作からワークシート関数の使い方、エクセルマクロ(VBA)の使い方など紹介。
エクセルの基礎から応用まで学べる「無料エクセル学習サイト」です。
Copy right(c) 2006-2013 初心者のエクセル(Excel)学習・入門 all right reserved